スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事に拍手する

実家暮らし

FH000012_201309182311034f4.jpg

祖母は私が帰宅していても

「 ゆかりはまだか〜? 」

って母に聞く。

さっき一緒にご飯食べたのに。

だからっていうわけではないけれど

家に帰ったらばあちゃんの部屋に言ってただいまを言うようになった。

帰ったよって言うのと

咳をしていないか とか 膝は痛くないか とか

そんな会話。



そんな普通の会話が 

なんだかわたしとばあちゃんのささやかな儀式のようで

そのあまりのささやかさに 少しだけ切なくなる。





この前ばあちゃんの部屋にただいまを言いに行ったら、

ばあちゃんの部屋のカレンダーはまだ7月だった。

彼女の中で月日は止まっている。

いや、もうその概念さえ薄れているのかもしれない。

そんなことを思いながら 2ヶ月分を一気にはがす。

来年も7月のカレンダーをめくれますように。

不謹慎とも取れる願いがふとよぎる。




じいちゃんがそうなったように ばあちゃんもいずれそうなるんだけれど

実家というのは不思議な場所で

いなくならないんだよね、 なんていうか。

じいちゃんもまだ住んでる。

お仏壇とかじゃなくて。 幽霊っていうわけでもなくて。

でも 一緒に住んでる。 そう感じる。



実家って不思議だ。




この記事に拍手する

Comment

Comment Form
secret?

profile

ヨシダユカリ

Author:ヨシダユカリ
photo by megu*



はじめまして*
ほっこりしたり きゅんとしたり
こころの片隅に残るような写真
撮りたいです。


リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方募集中です*

カメピ
fotologue

* List me by BlogPeople

category
QR code
QR
calendar
tag & seach

link
mail form

name:
email:
subject:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。