スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事に拍手する

すぐに

4621KP400-05.jpg

ええ所へいけよ って

わしもすぐに行くけん って

生きとるみたいで焼いてしまうのが惜しい って



夫にそう言って見送られるということは なんて幸せな最期だろうか。



ああもう

その様子を聞くだけで泣いてしまう。



身近な人が ひとり またひとりと旅立ってゆく。

祖父のときも 今も ちゃんと受け止めているつもりだけれど

どこか腑に落ちていないところがある。

まだ死そのものを受け入れられていないのかもしれない。

そんな達観した人でもないからあたりまえだけど。



ここにいることに違和感を感じる。

ここはいったいどこだ。

あなたはどこにいますか。

体を無くし、どこに行ったのですか。



それはそうとして



ああすればよかったとか

どうしてこうならなかったとか

生きていればいろいろあるけれど

失敗して後悔したり

誰かの失敗を許したり

そんな感じで世界は回っているのかもしれない。

子が親に心配をかけて

その子が親になって 今度は心配させられて

そんなふうに脈々と

人の円は続いていくのかもしれない。


この記事に拍手する

Comment

Comment Form
secret?

profile

ヨシダユカリ

Author:ヨシダユカリ
photo by megu*



はじめまして*
ほっこりしたり きゅんとしたり
こころの片隅に残るような写真
撮りたいです。


リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方募集中です*

カメピ
fotologue

* List me by BlogPeople

category
QR code
QR
calendar
tag & seach

link
mail form

name:
email:
subject:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。