スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事に拍手する

いざ生きめやも

s-FH030034.jpg
 
“ Le vent se lève, il faut tenter de vivre ”

Paul Valéry



まぁなんともわかりやすいですが、「 風立ちぬ 」 を観てきました。

大人のアニメ。

宮崎駿監督がはじめ作りたがらなかったというのもうなずけます。

ネタばれしないように気をつけて書きますね。



庵野監督の声には賛否両論あるみたいですが、わたしはあれはあれでいいんじゃないかと。

演技じゃなくて、庵野さんという人が主人公に重なったんでしょうね。

荒地の魔女が美輪明宏にしかできないのと同じでしょうかね。

まぁ彼女の場合はビジュアルもそのままですが…

「 魔女を書こうとすると三輪さんにしかならないんです 」

って監督が美輪明宏にオファーするとき言ったって、どこかで読んだ気がします。



あとはね、西島さんの声!

シブすぎます。

惚れてしまいます。



それから黒川夫妻を筆頭とした、昔の日本人の美しさ、とでも言いましょうか。

黒川夫人に憧れます。

あんな風に凛とした女性になりたい。

ちゃんと夫をたてる妻になりたい(願望)。




わたし、堀越二郎がゼロ戦の設計者だっていうことくらいしか知らずに観ました。

堀辰雄については全くと言っていいほど知らず。




それで、「 風立ちぬ、いざ生きめやも 」 に話題は戻りますが、

堀辰雄の著書 「 風立ちぬ 」 は彼自信の経験をもとにした物語だそうで。

「 いざ生きめやも 」

それを踏まえるとこの言葉がとても重みを持ってくる。

堀辰雄はどんな思いでポール・ヴァレリーの一節をこう訳したのか。

どうして「めやも」を使ったのか。誤訳なはずはない。

想像することしかできないけれど、この「めやも」に彼の心境が表れているように思われます。






観て泣いて、 大切な人を強く抱きしめたくなった。

恥ずかしいから 繋ぐ手に少しだけ力をこめた。

そうしていたら、 また涙が出てきた。




戦争 夢 恋愛 病

様々な矛盾

矛盾だらけだよ、 世界は


でも生きる





風が吹くということは 何かが変わるということ。

気圧の違いで力が働く。

自分の意思によってかよらずか。







風立ちぬ、いざ生きめやも






この記事に拍手する

Comment

Comment Form
secret?

profile

ヨシダユカリ

Author:ヨシダユカリ
photo by megu*



はじめまして*
ほっこりしたり きゅんとしたり
こころの片隅に残るような写真
撮りたいです。


リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方募集中です*

カメピ
fotologue

* List me by BlogPeople

category
QR code
QR
calendar
tag & seach

link
mail form

name:
email:
subject:
text:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。